鳩山首相は7日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島の徳之島、伊仙、天城の3町長らと首相官邸で会談し、同飛行場の機能の一部を徳之島に分散移転する政府の方針を正式に伝え、受け入れを要請した。

 3町長は「民意は反対だ」として拒否した。政府は関係自治体などの説得を続ける方針だが、首相は4日の沖縄訪問も、関係自治体の理解を得られずに終わっていて、自身が繰り返してきた「5月末決着」は一層、遠のいた。

 首相と3町長の会談は1時間余り行われ、このうち前半約30分が公開された。首相は「日米同盟を維持するためにも沖縄の過重な負担を全国で分かち合うことが大事だ」と訴え、「徳之島の島民にどこまで協力いただけるか。大変厳しい状況は十分理解しているが、普天間の機能の一部をお引き受けいただければ大変ありがたい」と述べた。

 これに対し、大久保明・伊仙町長は「徳之島には基地を絶対に作らせないという気持ちは何があっても変わることはない。基地のたらい回しの理論ではなく、軍縮の理論に持っていくことが首相の一番の役割ではないか」と、首相の対応を批判した。また、島民ら約2万6000人分の移転反対署名を手渡した。

 出席者によると、首相は、政府が検討している海兵隊ヘリコプター部隊の徳之島への移転は「最大1000人」とし、「部隊の移転が難しければ訓練だけでも」などと協力を求めた。さらに、「何度でも交渉したい」として、徳之島入りに意欲を示したという。3町長は「どんな機能、訓練であれ受け入れはできない」「何回会っても平行線だ」などとして、首相の提案を拒否した。

 首相は会談後、記者団に「誠心誠意、真心を込めて尽くすことしかない。これからも意見交換をしていきたい。どのようにして、ということはこれからの課題だ」と語り、説得を継続する考えを強調した。

 政府は、日米が2006年に合意した沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、杭(くい)打ち桟橋方式で滑走路を建設する案と、ヘリコプター部隊の徳之島移転を組み合わせる案を固めている。首相は4日に沖縄を訪問し、全面的な沖縄県外移設の断念を表明する一方、徳之島への分散移転などで沖縄の負担軽減を図る考えを伝えていた。

対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
[PR]
# by 6fbnae4w96 | 2010-05-10 22:00
 日本上空に強い寒気が流れ込んだ影響で16日、東京都心の最高気温が7.4度など、関東地方を中心に真冬並みの寒さとなった。神奈川県箱根町では季節外れの雪景色が見られたほか、東京都練馬区では車のフロントガラスにうっすらと雪が積もった。

 箱根町役場によると、標高の高い地点では十数センチ以上積もったという。職員は「4月半ばに積もるなんて覚えがない。ちょうど見ごろを迎えたサクラも雪をかぶって、かわいそう」。

 気象庁によると、今年は北極付近から流れ込んでくる寒気と、南からの暖気がともに強く、日本上空で一進一退の“攻防”を続けているため、例年になく寒暖の差が激しい。ここ数日は寒気が優勢で、南の海上を通過中の低気圧がさらに寒気を引き込み、異例の寒さになったという。

 九州でも宮崎市で15日、最高気温が9.5度と4月としては観測史上1位の低さを記録。全国的に冷え込んでいる。

 東北から関東・甲信地方では、17日も雪となる見込み。気象庁は、東北南部や関東の山沿い、甲信、箱根から多摩西部などで、最大20センチの積雪を予想している。関東南部の平野部でも「積もるほどでないが、雨に雪が交じる可能性がある」(同庁)。都心部で17日に雪を観測すれば、昭和42、44年と並び、観測史上1位の遅さとなる。

 今後1週間も雨や曇りが多く、気温も平年並みから平年以下となる所が多い見通し。

【関連記事】
4月半ばで東京に雪? 気象庁予報、観測史上1位の遅さも
天候不順で野菜高騰 農水省が出荷前倒し要請
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
外国人地方参政権問題に一石

切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)
公務員2割削減を堅持 民主研究会「公務員庁」新設も浮上(産経新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
自立支援法訴訟が終結=障害者ら国と和解−東京地裁(時事通信)
[PR]
# by 6fbnae4w96 | 2010-04-24 06:54
 ゴールデンウイークごろの陽気になったと思ったら、冬の寒さに逆戻り−−。4月に入ってから、ジェットコースターのように寒暖の差が激しい天候が続いている。気象庁によると、平年より強めの寒気と暖気が日本列島付近でせめぎ合っているのが原因だ。強い冬型の気圧配置となった14日は、東北の日本海側に暴風雪警報が出されるなど、北日本を中心に大荒れの天気に。日照不足も深刻で野菜の価格が高騰し、家計への影響も出ている。【飯田和樹】

 気象庁によると、東京の11日の最高気温は23.2度で、5月中〜下旬並みの暖かさとなった。一方、翌12日は3月下旬並みの14.3度までしか上がらないなど、日ごとの気温差が大きい。14日には、北日本の上空1500メートルで氷点下9度と、この時期としては強い寒気が流れ込んでいる。

 気象庁気候情報課によると、寒暖の差が激しい原因は、寒気と暖気双方の勢力が平年より強いことだ。北極付近の気圧が高く、日本など中緯度付近の気圧が低い状態が続いているため、北極付近の寒気が中緯度帯に流れ込みやすくなっている。一方で、太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象の影響などで暖気も強い。こうした状況は通常、「菜種梅雨」のころにみられるが、例年より長期間せめぎ合いを続けているのが今年の特徴だという。

 また、寒気と暖気に挟まれた地域は前線の通り道になりやすく、天候不順になる。東京では今月、13日までに日照時間が10時間を超えた日は1日だけで、昨年の7日に比べ大幅に少ない。日照時間ゼロの日が4日もあり、各地も同様の状況だ。

 気象庁が発表した低温情報によると、気温の低い状態は17日ごろまで続く見通し。気温は平年より5度前後低く、最低気温が0度前後となる所もある。

 気象庁気候情報課は今後について、「来週以降、強い寒気による低温の傾向は弱まる。だが、再び寒気が入ってくる可能性もあり、このような状況が終わるかどうかはまだ分からない」という。

 ◇野菜入荷量が1割減……東京都中央卸売市場

 最近の冷え込みや日照不足の影響で、東京都中央卸売市場では、野菜の入荷量が前年同期より約1割減少している。価格が高騰する野菜も目立ち、2〜8日の「週間市況」によると、千葉産ネギの5キロ当たりの価格は前年同期比93%増の1827円で、高知産ナスも5キロ当たり同37%増の2450円。キャベツやレタス、トマト、小松菜なども同10〜30%上昇している。

 価格高騰を受け、スーパーも対策に追われている。全国で「イトーヨーカドー」を展開する「セブン&アイ・ホールディングス」広報センターによると、価格を抑えるため、カット売りやバラ売りを増やした。同センターは「節約志向で食べきりサイズを求める人が増えており、お客様のニーズにも合っている」と話す。農家との直接契約を増やすことで、市場の影響を受けないようにもしているという。【松本惇】

【関連ニュース】
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
桜開花予想:難しかった…参入の民間3機関
ソメイヨシノ:東京で一気に満開…平年より4日早く

9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
自民・小池参院議員が離党へ(時事通信)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
患者拘束死、理事長らカルテ改竄 「病院守るため」隠蔽、書類送検(産経新聞)
[PR]
# by 6fbnae4w96 | 2010-04-21 15:39
 富士通の野副州旦(のぞえくにあき)元社長の辞任問題に関連し、「反社会的勢力との関係が疑われる」とされ名誉を傷つけられたとして、投資会社「サンドリンガム・プライベート・バリュー」と同社の代表ら2人が15日、富士通の秋草直之相談役、間塚道義会長ら3人を相手取り、3億3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。

 投資会社は「報道等を通じて著しい社会的評価の低下が生じ、業務に多大な支障を来すことになった」と主張している。富士通は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。

包丁で両親刺す、母死亡=23歳無職男を逮捕−北海道(時事通信)
<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
貸倉庫殺人 不明男女3人を愛知県内で捜索 長野県警(毎日新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
[PR]
# by 6fbnae4w96 | 2010-04-17 16:07
 前原誠司国土交通相は6日の閣議後記者会見で、訪日外国人観光客誘致に向けた新しいキャッチフレーズとロゴを発表した。新フレーズは「Japan.Endless Discovery.」で、「尽きることのない感動に出会える国、日本」と趣旨を説明。新ロゴは日本の国花、桜をあしらったデザインとした。
 前原国交相は「日本の観光の良さを知ってもらう道具として定着させ、広めていきたい」と強調。また、観光親善大使を新設し、茶道裏千家の千玄室氏を任命したことも明らかにした。 

【関連ニュース】
【OFF TIME】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【OFF TIME】福岡・筑後の旅 九州新幹線・福岡の新駅周辺を訪ねて
【OFF TIME】岩手の旅 遠野の民話 豊潤なる三陸
【OFF TIME】生産日本一の青森で リンゴの香りに包まれる
【OFF TIME】島根県安来市で喫茶の世界に浸る

「県外移設」切り札徳之島 住民、町長、知事に「総スカン」(J-CASTニュース)
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
車内に雑然と可燃物=紙くずなどに引火か−4児死亡火災・北海道(時事通信)
ネット競売でブランド物出品、落札者宅から盗む(読売新聞)
[PR]
# by 6fbnae4w96 | 2010-04-12 18:28