<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 恋の季節がピークを迎えた大分市の高崎山自然動物園で、人気者の雄ザル・ナベ(推定27歳)が群れを移籍し、新天地で「恋人探し」に励んでいる。人間なら80歳程度という高齢。元の群れでは序列3位という地位をなげうっての恋の道に、同園は「高齢での移籍は近年例がないが、ナベが幸せなら……」と、繁殖期特有の赤い顔と尻を見守っている。

 ナベはプレーボーイらしく、餌を食べるとき小指を立てる仕草が有名。08年5月にロケがあった「釣りバカ日誌19」では銀幕にも登場した人気者だ。C群(696匹)で約10年間過ごしたが、ここ2年間はB群(526匹)に姿を見せる「二重生活」を送り、09年11月から完全にB群に移った。

 C群でのナベの序列は3位で、1位も視野に入る状況。餌の確保にも苦労しない立場だったが、B群では新参者なので「最も下っ端」扱いだ。

 案内担当の種村将さん(36)たちは、移動の理由を「求愛目的」とみる。群れで長く過ごすオスは、メスから敬遠される傾向があるため「『子孫を残したい』との本能が勝ったのでは」と種村さん。

 毛並みがくたびれつつあるナベだが、恋の行方は「新参者はモテるので、それなりに順調」(種村さん)という。自ら求愛したり、逆に求愛される姿も目撃された。種村さんは「ヒト社会なら『地位がもったいない』となるだろうが、あまり気にしていないでしょう」。恋の季節は3月まで続く。【小畑英介】

【関連ニュース】
大分・高崎山:ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚
掘り出しニュース:ニホンザル:高崎山も政権交代、15代目ボスにタイガー就任
キラキラ★スポット:2・7別大マラソンコース探訪/1 /大分
毎日新聞寄付講座:別大マラソンをテーマに講演−−芸短大 /大分
別府大分毎日マラソン:見学しよう 県、「ふれあい探検隊」募集 /大分

<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
予科練こんなだった、資料・遺書など展示(読売新聞)
小沢氏追及方針変えず=自民(時事通信)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長−菅財務・経財相(時事通信)
小沢幹事長宅に実弾か=秘書が発見、届け出−警視庁(時事通信)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-02-05 06:40
 自民党は27日、夏の参院選比例代表に出馬の意向を示している片山虎之助元総務相(74)の公認を見送る方針を決めた。執行部は、党の内規である比例代表の「70歳定年制」に抵触するベテラン候補者のうち、すでに山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)の公認も見送ることにしている。片山氏も公認しないことで、有権者に候補者の若返りをアピールしていく。

 谷垣禎一総裁は同日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、比例代表候補の公認について「ルールがまったくの尻抜けになってはいけない」と述べ、定年制を厳格に適用していく考えを表明した。

 午前は大島理森幹事長が党本部で幹事長経験者と会談し、山崎氏らの処遇について「3人とも同じように判断したい」と述べた。また片山氏については「地元の岡山選挙区での出馬を勧めたが固辞された」と説明、「丁寧な手続きを踏んだ上で、時間をかけずに判断したい」と述べた。

 片山氏の処遇をめぐっては、参院自民党の幹事長や国対委員長などを務めた「党への貢献」を理由に、青木幹雄前参院議員会長や参院幹部らが「特例」で公認するよう求めていた。執行部にも一時、公認容認の動きがあったが、中堅・若手らが反発していた。

【関連記事】
70歳定年制 「政治にも労害」9割超
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」
参院選比例の70歳定年制「ルールは守るべき」 舛添前厚労相
元小泉チルドレンの悩み 新天地目指すも…

<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
首相動静(2月1日)(時事通信)
鳥取詐欺女、不審死の矢部さんと「もみ合いになった」…同居男に話す(スポーツ報知)
<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)
<納税者番号>省庁横断で検討会設置へ 菅副総理が報告(毎日新聞)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-02-04 07:56
 原口一博総務相は28日の参院総務委員会で、名古屋市の河村たかし市長が住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)から離脱する方針を示したことについて、「消えた年金記録(の解明)に住基ネットが随分役立っているので、直ちに切断して多くの市民に不利益を被らせることは適切ではない」と述べ、反対する考えを示した。魚住裕一郎氏(公明)に対する答弁。
 さらに同相は、名古屋市が離脱を強行した場合、地方自治法に基づき再接続を求めるための法的措置を取るか問われ、「現行法に基づき適切に執行したい」と肯定した。これまで住基ネットへの参加を拒んでいる東京都国立市と福島県矢祭町に対しては、総務相の指示を受けた両都県知事が是正の要求を行っている。 

【関連ニュース】
自民、片山氏公認せず=参院選「定年制守りたい」
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用
年金運用の見直し必要=原口総務相
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供

鹿児島・屋久島、縄文杉への登山道通行止め(読売新聞)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
小沢氏立件なら幹事長辞任 党内からも「批判」相次ぐ(J-CASTニュース)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-02-03 09:36
 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部は27日、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出し盗んだとして、住所不定、無職、竪山(たてやま)辰美被告(48)=強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴=を窃盗などの疑いで再逮捕した。竪山容疑者はこれまで別の女性への強盗傷害容疑などで3回逮捕されたが、荻野さんに絡む容疑での逮捕は初めて。

 逮捕容疑は、昨年10月21日午後1時半から同2時15分にかけて、JR松戸駅周辺のATM(現金自動受払機)から荻野さんのカードで現金を引き出し、盗んだなどとしている。

 捜査関係者などによると、竪山容疑者は同日荻野さんを包丁で刺し、翌22日、現場に戻って放火したことを認める上申書を提出している。

【関連ニュース】
千葉大生殺害:遺体のストッキングから無職男のDNA型
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
千葉大生殺害:「放火し窓から逃げた」ATMの男供述
千葉大生殺害:ATMの男、関与認める上申書
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血

成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
女子高生のスカート 電車内で切り逮捕 奈良の会社員(産経新聞)
<茨城男性死亡>3人の「不起訴不服」…審査申し立て(毎日新聞)
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬(産経新聞)
17歳里見、連勝で女流名人に王手(読売新聞)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-02-02 11:21
 パチンコ店の売上金などを着服したとして、兵庫県警葺合署は30日、業務上横領の疑いで、神戸市長田区天神町の飲食店アルバイト、門田真吾容疑者(44)を逮捕した。葺合署によると、門田容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成20年11月〜21年9月、店長だった神戸市内のパチンコ店の売上金約400万円を着服したとしている。昨年9月、金がなくなったことに気付いたパチンコ店の運営会社が告訴していた。

 葺合署によると、神戸市内の飲食店で29日夜、同店の運営会社役員の男性が門田容疑者を発見して110番。駆けつけた署員が、門田容疑者から事情を聴いていたという。

【関連記事】
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金
荒川区の女性職員が保険料110万円を着服か
元信金主任、4億円着服 「トト」に2700万使う 大分
中学教諭、バスケ部活動費を着服しクビ 北海道
つくばエクスプレスの助役 親ぼく会費360万円着服で解雇

<人事>最高裁(25日)(毎日新聞)
「法テラスで悩みなくして」=はるな愛さんPR大使に就任(時事通信)
流氷 知床に着岸 南下は平年並み(毎日新聞)
秋田市の成人式妨害、20歳の会社員ら5人逮捕(読売新聞)
海外留学の高校生、ピーク時の7割に(読売新聞)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-02-01 03:17