リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割(読売新聞)

 取っ手が取れる事故が相次ぎ、2004年11月にリコール(部品の無償交換)されたフランス製「ティファール」ブランドの鍋の交換が2割しか進んでいないことがわかり、消費者庁が注意を呼びかけている。

 リコール対象となっているのは、取っ手を付け替えることで大小複数の鍋を使い分けられる「インジニオシリーズ」のうち、03年2月〜04年10月に製造された約49万セット。04年8月以降、使用中に取っ手がはずれて落下し、足などにやけどを負うなどの事故が4件発生している。同庁では「贈答品などに使われるケースが多く、使用している人と購入した人が違うのでリコールに気付かないのでは」とみている。

 問い合わせは輸入・販売元の「グループセブジャパン」(東京)の専用窓口(0570・077・772、土日祝日以外の午前10時〜午後5時)へ。

小沢氏聴取 報道陣詰め掛け騒然(産経新聞)
小沢氏の土地購入 首相、疑義示す/前原氏「政治資金での購入」を批判(産経新聞)
阪神大震災援護金“借り得”許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ(産経新聞)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-01-30 13:21