腕時計の窃盗罪で男を起訴 ドラム缶殺人事件(産経新聞)

 大阪府阪南市で車庫のドラム缶から元社長夫婦の遺体が見つかった事件で、大阪地検堺支部は8日、夫婦の家から腕時計を盗んだとする窃盗罪で、元建設作業員、鈴木勝明容疑者(42)を起訴した。地検によると、「金目のものを盗んでやろうと思った」と起訴内容を認めているという。府警は、鈴木被告が夫婦が死亡した経緯について事情を知っているとみて引き続き調べる。

 起訴内容によると鈴木被告は平成15年11月ごろ、大阪府和泉市の浅井建治さん=当時(74)=方の敷地にあった腕時計(時価30万円相当)を盗んだとしている。鈴木被告は当時、浅井さん宅の新築工事に携わっていた。

 地検などによると、鈴木被告は夫婦の死亡の経緯を「知らない」と供述。一方で遺体を車庫に運び込んだことについて、「やくざに言われた」としているが、人物の確認ができず信憑(しんぴょう)性は薄いとみられる。

【関連記事】
大阪家裁、福井ドラム缶殺人で少年を中等少年院送致
ドラム缶2遺体 知人作業員、窃盗容疑で逮捕
ドラム缶の2遺体、5年前の不明夫婦と断定
福井のドラム缶遺体で男女8人を起訴 傷害致死と死体遺棄で
男女8人を殺人容疑で逮捕 ドラム缶死体遺棄事件

りょうじのブログ
京都修学旅行
携帯ホームページ
2ショットチャット
クレジットカード現金化 還元率
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-01-13 09:48