王朝絵巻再現 京都・八坂神社で「かるた始め」(産経新聞)

 京都市東山区の八坂神社で3日、「かるた始め」が行われ、初詣で客でにぎわう中、平安装束に身を包んだ「かるた姫」たちが優雅な王朝絵巻を再現した。

 祭神・スサノオノミコトが「八雲立つ 出雲やへがき つま隠(ご)みに」と詠んだ歌が、短歌の起源とされることにちなむ正月の恒例行事。日本かるた院本院(同市下京区)などが昭和46年から神前に奉納している。

 今年で40回目を迎え、「奉納かるた」神事では、同志社大2年、荒木麻里さん(20)と、立命館宇治中1年、大前こころさん(13)が華麗な手さばきを披露。百人一首の名歌が朗々と詠みあげられる中、幼児、小学生の童子、童女12人とかるた姫10人が能舞台で「初手合わせ」に挑んだ。4回目の参加となった荒木さんは「40回という記念の年で、緊張しました。参加させていただき、うれしいです」と話した。

【関連記事】
京都・八坂神社で「おけら詣り」
世界遺産守れ!清水寺に国内最大規模の防火水槽
【京のいろ】神輿渡御 祇園祭 まだ祭りは終わりじゃない
響く祗園囃子、漂う情緒 祇園祭宵山
芸舞妓が浴衣姿で願掛け 京都・八坂神社で

z2clhn79のブログ
お金の使い道
クレジットカード現金化 還元率
アフィリエイト ホームページ
自己破産
[PR]
by 6fbnae4w96 | 2010-01-09 20:03